時候の挨拶 夏 手紙 お礼状 夏の時候の挨拶の書き方一覧

夏の時候の挨拶【6月の時候の挨拶】エントリー一覧

夏の時候の挨拶【6月の上旬(初旬)の時候の挨拶文例文】
街では半袖姿の人々を見かけることが多くなってまいりました。今年も大好物のさくらんぼが店頭に並ぶ季節となり、うれしくてなりません。入梅を控えて不安定な空模様が続いております。初夏のやわらかな日ざしが若葉に降りそそぐ頃となり、ますますご清栄のことと存じます。梅雨入りを間近に今から憂うつな気分になっております。
夏の時候の挨拶【6月の中旬の時候の挨拶文例文】
梅雨も中休みらしく、朝から気持ちのよい青空が広がった一日でした。雨に濡れたあじさいの風情ある姿が楽しめる季節となりました。入梅というものの雨が少なく、どうやら今年は空梅雨のようです。重くのしかかってくるような曇天の日々が続いております。思いのほか梅雨寒で、一度しまったストーブをまた出してまいりました。長雨のみぎり、お変わりはございませんでしょうか。
夏の時候の挨拶【6月の下旬の時候の挨拶文例文】
そろそろ海や山が恋しくてならず、梅雨明けを待ちわびる昨今です。いつ晴れるとも知らぬ梅雨空を、窓越しにうらめしく仰ぐばかりの毎日です。梅雨明けが待ち遠しい今日この頃、ご壮健にてお過ごしのことと存じます。雨上がりの木々の緑がすがすがしい昨今ですが、いかがお過ごしでしょうか。梅雨明けも間近となり、ますますお元気でご活躍のことと存じます。鮎の解禁でさっそく渓流釣りに出かけ、まずまずの成果をあげました。